presented by 疲労回復協会

~自分のやりたい事を実現する経営~
治療院を経営する為のノウハウやスキルを1人でも多くの治療家に届けるプロジェクトです。
治療院経営に必要な在り方ややり方等様々な最新情報をお伝えします。

2015/04/01   経営, 集客  

集客において最重要項目です

from:熊谷剛

集客において今日お伝えするメッセージについては最重要項目です。

これは一生使えるコツになるでしょう。
僕もこのメッセージを勉強し始め3年ほどですが、ずーーーーーっと使い続けていますし、効果を発揮し続けています。

このノウハウをしっかり勉強しておいて良かった!と本気で思えるスキルです。
当然、このスキルは簡単ではありまえん。

専門に業務として行っているセールスライターでも、
すごいいいレターを書ける人と全く書けない人がいるほど。

そこそこってあまりないんです。
しかし、僕は見つけてしまいました、、、

あるコツを。

今日はそんなコツをお話していきますね。
メッセージの作り方を僕が伝えるノウハウと照らし合わせながら作ってみてください。

きっと結果が出ますよ。

そのメッセージの作り方とは、まずは構造を知ることから始まります。

と言うか、構造を知らなければ始まりませんし、
構造を知ってその要素を入れることで結果が出始めます。
集客ができるメッセージの構造とは

1,ヘッドライン
2,ボディ
3,クローズ

この3つです。

1,ヘッドライン

ヘッドラインとは見出しのことです。

人はこの見出しに興味を抱くかどうかで商品を購入するかどうかを決めます。

ですから、この見出しが如何に見込み客に良さそうに見えるかどうかで勝負は決まってしまうということです。

この見出し。

ほんとうに難しいのですが、良いパクリ先があります。

それは、週刊誌です。
女性◯◯とか、〇〇女性とか。

雑誌の売れ行きって表紙で決まるらしいんです。
だから、雑誌の編集社はここに力を入れるわけです。

例えば、実際にある見出しは

「年収500万如何は破産の危機」

という見出しがありました。

これをパクるわけです。

パクると言ってもそのままでは当然集客ができません。
ですから、型をパクるのです。

僕がこの型を使うなら、、、
「睡眠5時間以下が腰痛を作る」

なんてのはどうでしょうか?

腰痛の人で睡眠がとれていない人には刺さるのでは?

こういった型があるのとないのでは結果が違うことは当然ですが、作成までの時間が全く違います。
この一文を作るのに僕がかかった時間は1分ほど。

しかし、真っ白な状態からつくろうと思うと数時間は普通にかかりますし、広告のためのコピーなら数日もかかるケース出てくるのもザラです。

数日あったらこの型を何個も何個も作って見比べて、いいものをチョイスしたほうが絶対結果が出るし出なければ違うものを使ってテストすることも簡単です。

この様に次々型をパクってテストすることでヘッドラインを攻略していきます。

2,ボディ

ボディとは当然、商品のことです。
商品を売るわけですからね。

ここで重要なのはスペック、特徴をベネフィットに変換するということ。

ベネフィットとはその商品を買った後に得られる結果のことです。

人はイメージ以上の行動はできません。
だから、先にイメージさせてあげることで行動しやすくしてあげるのです。

例えばこうです。

腰しっかりもみほぐします。

これがスペック、特徴。

これをベネフィットを付け加えると、、、

腰をしっかりもみほぐします。だから、結構が良くなり痛みの緩和が促進されます。その結果、あなたは仕事中、腰を気にせずできるようになるでしょう。

こうなるわけです。

この様に単に

腰をしっかりもみほぐします。

だけだとイメージが湧きません。しかし、しっかりベネフィットを伝えることでイメージがしやすくなるのです。
こういった表現の治療院って殆ど無いですよね。

ここ重要ですから見なおしてくださいね。

3,クローズ

これも結構落としている人が多いですね。

ヘッドラインでしっかりと興味をひきつけ、ボディでベネフィットを伝えイメージさせてもどこに連絡をすればいいのか?

どうすればそれが手に入るのか?

これをしっかり提示してあげなければ売れません。
あなたもきっと経験があるはず。

せっかく「いいな。買おうかな。」と思っても

「あれ?どうすればいいんだろう、、、わかんないから、やっぱりいいや。」
なんて感じです。

これ、意外と多いんですよ。

ネットショップなどでは有名な話ですが、カートまで商品を入れておいて購入をしない人、どのくらいいると思いますか?
実は50%がそうらしいのです。

買う気まんまんで商品をカートに入れたはずなのに、購入前でやめてしまう、、、

その確率50%。

やってられなくなりますよね。

そして、このユーザビリティを変えてあげるだけで売上が上がるという、、、

例えば、次のボタンを見やすくするとかね。
たったこれだけで売上って上がっちゃうし、消費者ってちょっとでも不安があると買うのをやめてしまうというわけ。
だから、これらの調整って必要なんですね。
というわけで、今日は本当に重要な点をお伝えしてきました。

まだまだ細かな事はありますが、これを先ずはチェックしてみてください。

きっとこれだけで集客は可能になるはずですから。

The following two tabs change content below.
熊谷剛

熊谷剛

昭和56年6月生まれ、宮城県気仙沼市出身。株式会社クワトロハート 代表取締役。一般社団法人疲労回復協会 会長。ABCマーケティング株式会社 取締役
熊谷剛

最新記事 by 熊谷剛 (全て見る)

シェアしていただけると助かります。