presented by 疲労回復協会

~自分のやりたい事を実現する経営~
治療院を経営する為のノウハウやスキルを1人でも多くの治療家に届けるプロジェクトです。
治療院経営に必要な在り方ややり方等様々な最新情報をお伝えします。

ディズニーランドから見る治療院経営のリピート対策

こんにちは!

あなたに成功と感動をお届けする
プロジェクトABCナビゲーターの竹内です!!

今日は水曜日なので
「あなたのお役に立ちそうなコンテンツをお届けしよう」
のコーナーですね。

だいたい治療家の先生にお伺いすると、
困っていることは「新規とリピート」
のことが多いです。

新規を集める方法として
「お店づくり」という観点から見ると、

大事なこととして、
「お店のコンセプト」
っていうのがありますよね。

例えば、
「腰痛専門でやってます」とか

「不妊治療に力入れてます」とか

「頭痛なら負けません」とかとか、、

そういうのを看板にあげたり
チラシに掲げたりすると

集客した時に
新規は来やすいかなと思うんですよ。

ただ、リピート(通ってもらう)っていうところだと、
ちょっと弱いかなっていう気もします。

なぜかというと、、

「リピートしてもらう=ファンになってもらう」

という要素が必要になってくるから
ですよね。

じゃあ、どうやってファンになってもらうの?
っていうところで

まあ色々な方法があると思うのですが、
今回は、コンセプトのさらに1つ先

「世界観」

ということを書いてみたいと思います。

世界観がなんで必要なのっていうところですが、
鍵は「一貫性」というところにあるんですね。

テーマが全てにおいて同じだと、
お客さんが毎回同じ満足を得られる。
安心感を持てる。

そこに、ずっと居たくなる。また来たくなる。
といったような、効果があります。

今日は、その世界観の代名詞
「みんな大好きディズニーランド」を例えに
解説してみたいと思います。

まず恐らくあなたも
ディズニーランドはご存知だとは
思うんですが、

一応知らない人のために(笑)
真面目に解説しますと、

まずアトラクションがテーマに
沿って数多く用意されています。

そして主役はウィキペディアによると
「ネズミをモチーフにしたミッキーマウス」
ということです。
(なんか説明が荒い気がします笑)

そして、ここからディズニーランドの世界観の説明
に入っていきたいと思います。

1、入り口は一つ

なんのこっちゃ(死語)ということですが、

まず入り口を一つにすることで、
「最初から最後まで、みんなに同じストーリーを味わってほしい」
ということらしいですね。

行ったことがある方はわかると思いますが、
みんな、あの大きなエントランスから
物語がスタートするわけです。

2、独特の言い回し

もうご存知の方も多いかと思いますが、

社員=キャスト
お客さん=ゲスト
入場チケット=パスポート

などと言いますよね。

そこで空気を読まず、
「ちょっとそこの社員のオネエさーん」
みたいなこと言うと、

常連さんから
「チッ」と思われるわけです。

3、ゴミが落ちていない

ゴミ箱は30秒歩くごとに一つ。
掃除のおじさん、もとい「キャスト」も、
ものすごいスピード。

ホウキでミッキーまで書いちゃう。

実はディズニーランドは「ガム」も売っていない。
ポイ捨てされたら、一大事ですからね。

4、商業施設がこれでもかってくらい
「ディズニー」

これも行った人は
わかると思うんですが、

お店もディズニー、
ホテルもディズニー、
駅やシャトルまでディズニー、

我が社ではディズニーで
なんと「研修」もするのですが、
もちろん行ったホテルも
「ディズニー一色」でした。

ちなみに昔行った
「オランダ村」
日本の屋台がありました。。

そういうところかも知れません。。

こんなところで止めておかないと
また、いつものごとく「ウィキ化」
してしまうので、ここまでにします。

これくらい「世界観」
見せつけられたらどうでしょう。

もう離れられませんよね(笑)

例えば治療院で
考えた場合はどうでしょうか。

ホームページがやたら綺麗なのに
実際の院が汚いとか、

高級な雰囲気を出しつつ
100均のお店のアイテムを使うとか、
(これは結構見ます、、)

産後のケアをうたっているのに
お子さんを連れて来たりなどの対応、事前の準備がないとか、
色々あるのではないでしょうか。

逆に、不妊治療をうたっていて
スタッフが不妊対策について
詳しいだけでなく、

店舗に不妊に良い献立
一週間分が貼ってあったり、

不妊マイスターの名札を下げていたり
(あるかは知りません、、汗)

子供の遊んでいる写真が
たくさんあったり

(人によっては嫌かも知れませんが、、、)

まあ、普通にくらべれば
安心感はあるんではないでしょうか。

こういった「一貫性」を持つことによって
ファンは確実に増えてくると思います。

このような感じで、
ファン作りの一つの方法として
「世界観」をうまく使って見てくださいね。

それでは、また来週お楽しみに!

labo_bana2

The following two tabs change content below.
竹内章

竹内章

クワトロハートの理念を世界にも発信すべく営業マーケティング部を立ち上げ運用している。 治療家の先生の声やお客様の声を集めさらに良い商品を人々に提案すべく日々活動している。
竹内章

最新記事 by 竹内章 (全て見る)

シェアしていただけると助かります。