presented by 疲労回復協会

~自分のやりたい事を実現する経営~
治療院を経営する為のノウハウやスキルを1人でも多くの治療家に届けるプロジェクトです。
治療院経営に必要な在り方ややり方等様々な最新情報をお伝えします。

伝えるだけでリピート率が向上するセルフケアとは

こんにちは!

あなたの売上向上応援団
「浪速のあきんど」こと
けんこうラボサポーターの三浦です。

先日久しぶりに会う友人と、
なじみのお店に行って来ました。

この店は凄く独特で、
予約するとお店を貸し切りにしてくれます。

今回も
店主はお客さん1組の為に
料理の準備をしてくれたので、

ゆっくりと
食事を楽しむことが出来ました。

まぁ、そんな環境なので、
料理の合間に店主と
おしゃべりをすることもあるのですが、

この店主とても面白くて、
笑顔が素敵なのですよ
おじさんですが(笑)

だからかもしれませんが、
何かイベントがあって食事となると
その店主の笑顔を思い出すことが多いです。

そうするとどうしても
そのお店を選びたくなるので、
結果リピートとなってしまうわけですが、

なんの話かというと、
リピートってお店に対してというより、
人に対してしていると思うんですよね。

店員さんや
店長さんがお目当てなんていうことも
ありませんか?

治療院でも、
スタッフが移動したり、
辞めたりすることで、

患者さんが来なくなってしまうということが、
あるのではないでしょうか。

前回まで、
物販による売上アップの方法を
紹介していましたが、

リピート率の向上
あなたの治療院の売上を上げる
手段の1つだと思います。

そこで今回はけんこうラボ流の
リピートアップ術になるのですが、

前提として、
あなたが今以上にリピートしたくなる
治療家になるとしたら何が必要なのか、

もちろん治療家なので、
患者さんの症状を改善する技術力が
あるのは当然だと思います。

じゃあ他に何が必要なのかというと、
馴染みの店にいる店主の笑顔の様に

「家に帰ってからあなたを思い出すこと」
が必要だと考えています。

思い出せる状態になれば、
患者さんは何かあった時、

例えば、
ぎっくり腰になったとか、
最近調子が悪いとか、

そういった時に、
あなたの顔を思い出すことで、

患者さんが自然と
あなたの治療院へ行くこと
選ぶわけです。

これが症状の状態によらず、
患者さんがリピートする
ということですね。

ではけんこうラボ流のリピート術とは何かと言いますと、

実は、
セルフケアにポイントがあります。

なぜセルフケアと
リピートが関係するかといいますと、

まずセルフケアの前提ですが、
セルフケアとは患者さんが自宅などで
行う症状のケア方法だと思います。

例えば、
けんこうラボで取り扱っている
けんこう枕であれば、

睡眠時に使用するセルフケアアイテムなので、
夜寝る時に勧めてくれた
先生を思い浮かべるわけです。

このように、
患者さんはセルフケアをするたびに
あなたを思い出すのです。

そして患者さん自身が
身体の問題を感じた時に、
あなたを思い出し、

あなたの治療院に行こうと考えるので、
その患者さんはリピーターとなるわけです。

逆にリピートしない場合というのは、
患者さんの生活にあなたを思い出す
要因がない場合です。

思い出さないということは、
身体の問題が発生した場合に、

新しいお店や、近くのお店を
選ぶ確率が上がってしまうので、
リピーターとならない可能性が出てきます。

ではどんなセルフケアが
良いかというと、

セルフケア自体はなんでも良くて、
最初は相手の症状とセルフケアの内容が
イコールとなる様な物であればOKです。

例えば、
あなたが普段やっている
セルフケアがあれば言うこと無しです。

なぜなら患者さんからすると
患者さん自身を施術してくれている
先生がやっているセルフケアとなるので、

患者さんの記憶にとても
残りやすいと思います。

さらに、
患者さんが来院された際に、

セルフケア出来たかどうかや、
やってみてどうだったかの感想を聞くことで、

あなたと患者さんの会話が、
セルフケアを中心とした会話になります。

患者さんがセルフケアを行った時に、
よりあなたとの会話から、
あなたを思い出すこととなります。

リピートがうまい先生は、
自然と患者さんの記憶に残るような
会話を行なっています。

今回あなたにセルフケアの有用性を
お伝えしましたが、

技術だけではない、
商品を使ったセルフケアで伝える方法も
あります。

例として、
けんこうラボで取り扱っている
けんこう枕はセルフケア商品として

あなたを思い出すきっかけとなるかと
思います。

もしあなたが
リピートをより良くしたいと
考えていたのであれば、

セルフケアを取り入れた
けんこうラボ流のリピート術
是非参考にしていただければと思います。

次回はセルフケアだけじゃない、
患者さんのリピートを促す方法を
お伝えしていきたいと思います。

PS.
リピートを促す方法はたくさんあります。
今あなたがリピートに困っているのであれば、
下記バナーをクリックしてください。

The following two tabs change content below.
三浦 昌幸

三浦 昌幸

株式会社クワトロハート けんこうラボ・サポーター。知識も経験も足りずとも患者様を健康に出来る枕に出会い、3年後未経験からのべ1万人の患者様の健康を実現する施術者に成長する。2016年にけんこうラボの担当に就き、現在では、枕での施術技術をより多くの先生に伝えたいと、様々な場所で活動を行っている。

シェアしていただけると助かります。