presented by 疲労回復協会

~自分のやりたい事を実現する経営~
治療院を経営する為のノウハウやスキルを1人でも多くの治療家に届けるプロジェクトです。
治療院経営に必要な在り方ややり方等様々な最新情報をお伝えします。

2017/07/21   編集部/技術  

【疲労回復協会の技術】治療技術に必要な「自信を持つ方法」について考える

こんにちは!

あなたに成功と感動をお届けする
プロジェクトABCナビゲーターの竹内です!!

今日は金曜日になりますので、
「疲労回復協会」小川校長の

「個人事業主の方も
しっかり健康診断は受けましょう」

のコーナーですね。

自営業の方って、
健康診断のタイミングが
決まってないので、

いつ受けようって、
迷う方も多いと思うのですが、

やはり全ての基本は
「健康」ですので、

行ける時に行った方が
良いですよね。

っていうことで、
タイトルにしてみました。

お気付きの通り
内容とは一欠片も関係ありません、、

すいませんと謝りつつ、
今日の内容に入っていきますが、

今日は前回の校長ブログ
「なぜ、100%の自信を持って治療ができるのか?」
の後編パートですね!

もし前回のブログを
読んでない方がいらっしゃったら

こちらから読めますので、
どうぞご覧ください!

なぜ、100%の自信を持って治療ができるのか?【凄腕テクニックTV】

そして前回は
自信を持つための3大要素
としてあげた、

1、見破る力

2、施術力

と2までの解説を
させていただいてましたので、

今回は、最後の

3、魅せる力

というところになりますので、
まとめになりますので、
しっかり読んでみてくださいね!

多分、「見せる」でなく
「魅せる」という字を使っている
あたりが重要なのかもしれません。

ただ校長の言葉のチョイスが
いやらしいだけかもですが(笑)

やはりまとめ的な
内容になるので、

前回と合わせてご覧いただくこと
を推奨します!

では、
「なぜ、100%の自信を持って
治療ができるのか?〜魅せる力編〜」
はコチラから

そして、前回予告した通り
竹内の「ここに注目!」は、
自信について書いてみようと思います!

『自信という言葉の理解とその必要性』

あなたは自信はありますか?

うちの小川校長は、
いつも胸を張っている姿からみても、
自信満々のようですよ!
(※プロフ写真参考)

ただ今回は、校長の分析では
ないのでそこは言及はしません、、

では、さっそく自信について
考えてみていきますが、

まずは、楽をするために
辞典を引くとこから、、

ペラペラ、、

ということで、
ウィキペディアによると、

「人間が自らの能力、知識、信念などを
信頼している精神の状態」
とのことですね。

どうも「メンタル」
関係がありそうです。

ということは
「コントロールが可能」
なのかもしれませんね。

では、その方向性から
少し検証してみたいと思います!

まずは、「自信がない状態とは」
ていうところからいってみますね。

1、他人の目を気にする

これは言葉通り
「自分」より「他人」を気にする、
自分を信じていない状態

ということでしょうか。

他人の「評価」を気にしているとも
言えるかもしれません。

2、自分の評価が低い

これは、結構言葉に
現れやすいですよね。

「私は〜できない」
みたいな。

まあ、熊谷に言わせれば
「とりあえず、やれ」
ですかね?

私の熊谷への
イメージの部分も強いですが(笑)

解決法は
後ほど考えますので、
お待ちください。

3、他人に流される

これは、
自分の意見がないという
のもありますが、

より顕著なのは
「自分の意見が言えない」
の方でしょうか。

環境などの影響も
ありそうな感じですね。

4、完璧主義

逆に、理想が大きすぎて
現実でヘコむみたいな。

結局、階段は基本的には
1歩づつしか上がれない
ですよね。

5、苦手意識が強い

これは、
コミュニケーションや経験不足
などが当てはまると思います。

これも「ある意味」
慣れるしかない部分もあります。

、、まだあるかもしれませんが、
あげていくだけで、

ちょっとネガティブに
なりそうなので、
とりあえずこの辺で(笑)

では、ポジティブな方の(笑)
「解決方法」を考えてみましょう!

1、 褒めてもらう

いきなり他人任せですが(笑)
でも大事です。

これは先ほども書きましたが、
「環境選び」も大事です。

あとは、自分から相手を
褒めるのも大事ですし、

「褒めるところを探す」
という作業も大事です。

褒めるというのは
意識しなければ出てきませんし、

褒めるのに、嘘をつくと
効果が、かなり減るので
やはり良いところを見つける習慣は大事ですね。

我が社の事務所では
終礼で、意識的に
褒め合っているようですよ。

竹内の名前は
「10回に1回」
くらいでしょうか(笑)

あとは、自分自身のことでなくても、
人のことを否定する人とは
あまり一緒にいると
良い影響は受けないかもしれません。

ただここで重要なのは
「否定とダメ出しは違う」
ということです。

注意やアドバイスは
必ず成長に必要なものなので、

相手が、否定しているのか
アドバイスしてくれてるのかを

見極める「目」
養わなければいけないので、

そのためには
全てに「目」を背けるだけでは
いけないかもしれませんね。

2、長所を伸ばす

これは2ステップ
必要になると思いますが、

長所を知り、長所を伸ばす
という感じになるかと思います。

得てして、人間は
自分のことはわからないものです。

ただわからないまま
頑張るのは辛いことも
多かったりします。

例えば、
施術中に何か喋れ
と言われて、

なに喋っていいか
わからないのに適当に喋り
自信を無くしたり、

逆に、説明が得意なことに気づいて
解説を増やしたらファンが増えたり、

他には、喋りが得意だと思い込んで、
喋りまくって、
実は相手に嫌われてたりと、、

まあ、さまざまな
ケースがあると思いますが、

どれも、
「相手の意見を聞く」
ことで、

自分の強みを知ることが
できると思います。

もちろん、相手が全て
本音を言ってくれるわけでは
ありませんので、

インターネットや読書などで
「知識」を増やすのも
大事ですよ。

3、練習

シンプルなやつ来ました(笑)

体に覚えさせて、
無理やり自信をもつ
感じですかね。

でも、これって
「必ず」必要です。

自信て結局
「自分自身の得意なこと」
からしか生まれません。

もしくは
得意と思い込む
だけでも良いんですが。

そのためには
「人よりやったこと」
って大きいんですね。

例えば、
「ハリーポッター」の作者で
J・Kローリングさんという方

いますが、

(女子高生ではありません)

あのハリーポッターという本は、実は
「出版社に13回くらい送り返された」
ということです。

版権を買った出版社も
かなりの安値だったということです。

逆に言えば、
内容に自信を持ち続けた
結果とも言えますよね。

普通なら
違うもの描きますから(笑)

あとは有名な話で、
エジソンは

電球を開発するのに
「10,000回」失敗した
いうことです。

正直、私なら
ロウソクで、もう我慢してしまう
ところですが、

ただ、確かに
施術で言えば、

私自身、7年間で
50,000人くらい
施術したと思います。

多少なりとも、
自信には繋がっている
ような気はします。

熊谷に関しては、
「人の数倍の速さで失敗している」
と言っているほどで、

今までの例で見るに、

「決して天才はいないのでは」
と思わせるほどです。

言い換えれば
天才が成功するのではなく、
努力(練習)が成功に導く

とも言えるかもしれませんね。

では最後に、

自信をつけるコツ
(テクニック)的なものを紹介します!

これは一般的に
「メタ認知」
呼ばれるもので、

古くはお釈迦様、
今で言えば野球選手のイチローさんなどが
実践しているものになります。

それは簡単にいうと
「自分と会話をする」
という方法です。

決して、
独り言ではないですよ。

昔は、竹内も
「独り言が多いよね」
と茶化されることもありましたが、、

(茶化すって今使います?)

ちょっと逸れましたが、
具体的に説明していきますと、

1人2役で、
自分と自分が会話するような
イメージです。

例えば、

「今、緊張してる」

「ここは頑張っていこう」

「よくやったね」

などなど。

声に出したら
かなり間抜けなので、
思うだけでOKです。

言い方を変えれば、
もう一人の自分を出現させる
とも言えます。

そしてそのことを
「メタ認知」
というんですね。

よくお坊さんなどが、
実践するのが、

「自分の感情を客観視する」
という修行がありますが、

あれも一種の
メタ認知と言えますね。

冷静に自分を
客観視するイメージです。

これをやることによって
落ち着いて行動でき、
自信を持って振る舞えるのです。

鏡を使うのも
良いトレーニングになりますね。

これは慣れも必要ですが、
やればやるほどできるように
なって来ますよ!

、、ということで
今日は自信を持つ方法
ついて書いてみました。

熊谷も、常に自信を持って
冷静に物事に当たっておりますが、

実は、努力と実践に裏打ちされた
積み重ねによって作られたもの

なんです。

そのあたりも踏まえながら、
イメージしながらみて見ると、

だいぶブログの感想も
変わってくると思いますので、

是非、あなた自身も
「こういう風になれるんだ」
と見ながら感じていただけたら、
私も、嬉しいです!

ということで、
また長くなってしまいましたが、

小川校長ブログ
「自信を持って施術をする方法 〜完結編〜」
はコチラからご覧ください!

PS。
熊谷の技術は、こちらで学ぶことができます!
予習復習ツールも大幅リニューアル予定ですよ!

では、来週もお楽しみに!

The following two tabs change content below.
竹内章

竹内章

クワトロハートの理念を世界にも発信すべく営業マーケティング部を立ち上げ運用している。 治療家の先生の声やお客様の声を集めさらに良い商品を人々に提案すべく日々活動している。
竹内章

最新記事 by 竹内章 (全て見る)

シェアしていただけると助かります。