presented by 疲労回復協会

~自分のやりたい事を実現する経営~
治療院を経営する為のノウハウやスキルを1人でも多くの治療家に届けるプロジェクトです。
治療院経営に必要な在り方ややり方等様々な最新情報をお伝えします。

治療院における効果的なメッセージの作り方【経営のヒント】

こんにちはプロジェクトABCの金原です。
ABCここらぼ整体院の代表、熊谷剛が治療院経営でとても重要な経営のヒントを紹介している動画があります。

熊谷剛の紹介

熊谷は、一般社団法人疲労回復協会や多くのDVDなどを出していることから、治療テクニックを教えている人。というイメージが強いですが、実は治療院経営者としても結果を出し続けています。

2010年に東京都ひばりヶ丘市に店舗を出してから、3年で都内に4店舗の出店、2017年現在では全国で6店舗の治療院を運営しながら、ABC整体グループとしても3店舗を出しています。

治療技術と経営スキルを持ち合わせた、治療院業界でも屈指の経営者として一躍有名になった熊谷ですが、今の結果を手に入れるまでには多くの壁にあたってきました。そうした壁をどのように超えてきたのかを経営のヒントとしてお伝えしていきます。

 

わかりやすいメッセージの秘密とは

熊谷剛:今日は、
協会のセミナーをしに香川にきています。

香川にいるということで
香川といえば「うどん」ですよね。

まだ食べていないので、
セミナー終わってから楽しみしています。

さて、今日は何を話そうかというと、
「メッセージ」という話しですね。

少し大きいので、絞っていくと。
メッセージをどのようにすればいいいか。

コツとしてあるので、ここをお伝えしようと思います。

熊谷剛:メッセージを作るのに非常に重要なところは

「わかりやすい」

これが一番なんですね。
そうするためにどうすればよいか。

これは、
「内容を一つの事に絞る」事が
非常にわかりやすくなるんですね。

治療院では
患者さんへメッセージを
送る手段として色々あると思います。

例えば、

・ホームページを作る
・チラシを作る
・ブログを書く

など、
こうしたことは当たり前のように
言われるようになりました。

しかし、いざこれらを作っても
集客できなければ、
作る本来の意味がなくなってしまいます。

あなたは、
そんな問題を抱えたことは
ありませんか?

ホームページでも、チラシでも、
メッセージを作る上で最も大切な事が、

「メッセージの作り方」

になります。

そして、その中でも
重要なポイントはただ1つ、

「1つに絞って伝える」

ということです。

今回は、熊谷が思うメッセージの
重要性について話していきます。

「香川=うどん県」が全国に定着した理由

熊谷剛:香川と言えば「うどん」
「うどんの県ですよ。」
という、メッセージを、きっちり絞ってお伝えしている事ですね。

確か、前にテレビでみた時に、香川がうどん県というのを仕掛けた女性の社長さんがいるんですね。

その方が仕掛けて、経済効果とか広告としてどのぐらいの効果があったかというところで調べると、何百億の価値。
「うどん県」という一言でそれぐらいの効果があったそうなんですね。
それぐらいメッセージというのは、
「一つに絞る」とすごくわかりやすくなるんですね。

香川県と言えば、
「讃岐うどん」が有名です。

でも、うどんで
有名な場所を考えると、

山梨の「ほうとう」
秋田の「稲庭うどん」
群馬の「水沢うどん」

など、他にもありますよね。

では、なぜ、香川は
「うどん県」といわれるほど
強いイメージをつけ、
経済効果をもたらす事ができたのか。

その理由が
「1つのメッセージに絞り込む」
という事です。

たとえ、他に宣伝したいものがあっても
メッセージは1つに絞ることがポイントです。

香川=うどん県

この「うどん」だけに絞り込んだ
PRで結果は大きく変わったんですね。

実は、これは、治療院経営でも、
参考にできますので、更に詳しく見ていきましょう。

 

治療院で考える患者さんへ届くメッセージの作り方

熊谷剛:なので、僕たちの仕事で、
患者さんとかに「うちはこうやってやっていますよ。」
と、お伝えする時に、なにか一つに絞っていくといいです。

患者さんは「○○のあそこ」という感じで。
香川だったら「うどんですよね」みたいな感じですね。イメージとしては。

そういった感じで、伝わりやすくなる。

なので
「骨盤矯正の○○治療院」とかですね。

治療院業界でなくても食べ物屋さんなら
「○○丼の○○」というように。

何か一つ、統一性あるもので、
「売り」というのを作っていくと
非常にメッセージとしては伝わりやすい。

熊谷剛:売り込み客とか、他の人達に何か物事を伝えたい時っていうのは「必ず一つ」を伝える。
そこから、どんどん広げていくのが重要です。

「腰痛なら○○院だね」

「膝痛ならみんな○○院にいってるよ」

「不妊治療は○○院」

と、このように、地域で話題に出てくることが
できればいいですよね。

そのためには、
患者さんが魅力を感じるように
院の売りを伝えていく事が必要です。

そして、伝える時の注意点が、
なにか一つに絞ることです。

例えば、文章を書くライティングの
基本中の基本の考えでも

「要点は1つに絞る」というものがあります。

これは、なぜかというと、
要点が1つのメッセージの中にたくさんあると、
見ている人は何が言いたいのか分からなくなるからです。

要するに、
一度にたくさんの事を
伝えようとすると、

軸がぼやけて
読む側の記憶に残らない
ということなんですね。

もし、どうしてもたくさん伝えたい時は
複数の記事にわけて書くことがよい
と言われています。

このように、何かを伝えたい時はコツも必要になるのです。

患者さんに伝わりやすくするために必ず必要なこと

熊谷剛:結構ですね、あれもこれも得意ですよ!という風に言ってしまいがちなんですけど。

そうすると、どれがお勧めなのか、よくわからない感じになってしまいがちです。

どうしても、今の時代というのは、「ものあまりの時代」なので。
まず、中華とかに行くときに、ラメーンが食べたいなと思ったら、中華屋さんに行くより、ラーメン屋さんにいくと思います。

そういう風に絞ると反応が出やすい時代なので、メッセージを絞ってみるという事を一つ念頭においてみると、うまくいかないな、というところの突破口になったりとかします。

熊谷剛:大きすぎるとイメージできないので、小さくする事によって、スポッとイメージしやすくなりますので、「うどんの香川県」という風に、うどん県という風なメッセージを作ると良いと思います。

今日は香川にきたので話しをしてみました。

例えば、食事をするために入ったお店で、
お勧めメニューが何個も店内に貼ってあったら、
何がお勧めかわかりませんよね。

私はよくランチで外食をしますが、
ランチメニューの中に
お勧めの品が3個も4個も書いてある
お店があります。

この場合、
メニュー表は流してみて
しまいがちです。

でも、
「当店一番のお勧め!」と
1つだけが書いてあると、
やはり目がとまり、気になりますよね。

このように
メッセージを一つに絞ると、

消費者に与える
印象や価値が
変わってくるという事です。

本日のまとめ

いかがでしたか。
今回は、「香川=うどん県」から
色々なことが見えてきました。

メッセージやキーワードは、
一度に多くを伝えると人の記憶に
残りにくくなります。

もし、現在集客で悩んでいるのなら
この「メッセージの伝え方」を
一つ考えてみてください。

例えば、
腰痛で治療院を探しているときに
次の2つのチラシを見たら、
どちらの院にいきたくなるでしょうか。

・「どんな腰痛も解決!腰痛なら○○○治療院」

・「腰痛・肩こり・骨盤矯正・小顔矯正・
ダイエット・不妊・交通事故・スポーツ障害 ○○○治療院」

対応できる症状が
たくさん書いてあるのは
悪い事ではありませんが、

やはり、メッセージを短く
絞り込んだ方が専門性を感じ、
響きますよね。

あなたの治療院は、
患者さんにどのような
イメージを持たれているでしょうか。

もし伝えたい院のイメージがあるなら、
「一つのメッセージ」を考えて、
それを患者さんに伝えてみてください。

そのメッセージが
患者さんや地域に定着すると、
口コミや紹介が増え、
結果も変わってくると思います。

今回の内容もぜひ参考にしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
金原美幸

金原美幸

株式会社クワトロハート営業マーケティング部・副編集長。疲労回復協会の全国の協会員600人の窓口として、治療家をサポート。現在は営業マーケティング部の編集者として全国の治療家の先生を取材。治療院、治療家に役立つ情報を発信していくために日々努めている。

シェアしていただけると助かります。