presented by 疲労回復協会

~自分のやりたい事を実現する経営~
治療院を経営する為のノウハウやスキルを1人でも多くの治療家に届けるプロジェクトです。
治療院経営に必要な在り方ややり方等様々な最新情報をお伝えします。

治療院集客がうまくいかない理由No.1は・・【経営のヒント】

こんにちはプロジェクトABCの金原です。
ABCここらぼ整体院の代表、熊谷剛が治療院経営でとても重要な経営のヒントを紹介している動画があります。

熊谷剛の紹介

熊谷は、一般社団法人疲労回復協会や多くのDVDなどを出していることから、治療テクニックを教えている人。というイメージが強いですが、実は治療院経営者としても結果を出し続けています。

2010年に東京都ひばりヶ丘市に店舗を出してから、3年で都内に4店舗の出店、2017年現在では全国で6店舗の治療院を運営しながら、ABC整体グループとしても3店舗を出しています。

治療技術と経営スキルを持ち合わせた、治療院業界でも屈指の経営者として一躍有名になった熊谷ですが、今の結果を手に入れるまでには多くの壁にあたってきました。そうした壁をどのように超えてきたのかを経営のヒントとしてお伝えしていきます。

集客できない理由N0.1とは

熊谷剛:前回ですね、メッセージということで香川県のうどんの話をしましたが、それと絡めてというわけではないですけど、今日は<集客できない理由>ということですね。

なぜ、集客ができないかですが、圧倒的ナンバーワンと言われている理由があります。
これがですね、立地だったり、商品だったりとか、色々言われるかと思うんですけど、圧倒的にナンバーワンというのが、実は「存在を知らない」ということなんですね。

例えば、私が毎日利用する駅には、
コーヒーショップのスターバックスが3店舗あります。

しかし、私は最近まで2店舗しかないと思っていて、
いつもどちらかの店を利用していました。

なぜ、もう1店舗を知らなかったのか。

これは、とても単純な理由で、
普段私が利用しない通路の途中に
お店があり、存在に全く気づかなかったのです。

よく考えれば、私の利用する改札からは
その店舗が一番近いのに知らなかった。

このように、お店の場所を知らない、
存在さえも知らない、

という経験は、あなたもありませんか?

ここでは、集客ができない理由No.1の「存在を知らない」の解決法について熊谷が解説をしています。

存在を知られていない=認知されていない

熊谷剛:どんなビジネスでも、5年とか10年やってても初めてのお客さんはもちろんいるわけですよ。
毎回新規集客をするわけですからね。

その人たちに聞くと「昔からここに住んでます。でも、ここにこんな店があったのは初めて聞きました」とか「初めて知ったんですよね」とかは、いつになってもあると思うんですね。

で、それが圧倒的に集客をできないナンバーワンの理由なんですね。

熊谷剛:逆にいうと、目につきやすい、それが財を成す効果があって、メッセージ的に強くなくても、何回も何回も目にすると、焼き付いて気になるみたいなですね。
目につくから、とりあえず行ってみようとかです。

熊谷剛:そもそも存在がわからないと集客できないですね。
逆に身近にあるというだけで、集客できたりするんですね。

治療院に限らず、お店などを経営をしている場合は、
お店の存在を知られていなければ
集客ができないため、売り上げもあがりません。

これは、経営者として、本当に命取りになります。

たとえ、治療院の立地が良くても、
治療技術があっても、
お客さんがあなたの治療院のことを
知らなければ、来院することはないということです。

逆に認知をされてしまえば、
いくら不便な場所であっても、
集客はできるということになります。

治療院が認知されるために最低限必要なこと

熊谷剛:だから集客ができないという時のコツとしては、「とにかくわかってもらう」ということ。
よく、開店のお店のところで着ぐるみ来た人が騒いでたりとか、チンドン屋さんがチャカチャカやったりしてますよね。
あのように目立つということが、非常に重要なんですね。

なんで目立つかというと、オープン(開店)だから目立つではなくて、認知してもらうということが大事なんですね。

知ってもらうための手段には、
色々あると思います。

たとえば、単純に院の看板を
派手な色にする事でも目立ちますし、

先生の顔写真や似顔絵を
看板にいれるのも
インパクトがあり目に留まりますよね。

この、「目に留まる」ことが
認知への一歩になります。

よく、オープンが何か月先の治療院でも、
その場所に早くから”登り”だけを
立ててるの見かけます。

これは、近所の人やその前を通る人などに
「ここに治療院ができるんだな」
と、早くから気付いてもらう事ができます。

認知されるきっかけになるので、
とても効果的です。

「知っている」ことが、明日の集客に繋がる理由

熊谷剛:「あそこに、ああいうのができたんだ」とわかってもらう。
っていうのが、非常に重要で、それがなかなかできないと、いくらいいHPを作ったとしても反応が取れなかったりするんですね。

熊谷剛:なので、チラシとかをまくにしても、同じ範囲に1回まくだけじゃなくて、2回3回、4回5回と毎月毎月同じエリアに対して同じチラシでも実は良かったりするんですよね。

そして、1枚では反応しなかったけど、徐々に反応してくると。
認知がチラシとかで増えてくるとですね、今後はHPで見つけた時に反応率が良くなったりするんですね。

「あぁ、あのチラシのところだ」となってくるので、メディア的にHPは強いですけれども、HPをより強くするにはそういった紙媒体を使って知ってもらうっていうことを徹底にやるんですね。
知ってもらえさえすれば、いつか引っかかってくる可能性というのが上がってくるんですね。

 

チラシ投函を行なっている院は
多いと思いますが、
同じエリアに何回ぐらい投函しているでしょうか?

たとえば、私の家にもチラシは
よく届きます。

その中に、引っ越し屋さんの
チラシがあるのですが、
投函される頻度が多いため、
チラシを見るうちに店の名前や場所
は覚えてしまいました。

今ではチラシの色が
チラッと見えただけでも、
引っ越し屋の○○のチラシだとわかります。

また、道でその引っ越し屋さんの
トラックが走っていると
自然に目に留まるようにもなりました。

このように、認知される。
知られる事が必要です。

まずは、知ってもらう事を目標として、
チラシ投函などは同じエリアで根気よく続けてみると、
最終的には集客に繋がっていくと思います。

集客ができるようになるためのこれからの活動

熊谷剛:集客できないナンバーワンの理由が、認知されてないっていうのが、圧倒的にナンバーワンです。
データーも出てるらしく、まず集客をできない場合は、いろんな媒体を使ったりして、お金のかからないものからスタートして、とにかく数をやると。

そして、目につくところの全部に対して告知を打っていく。
それだけで実は集客はできたりするので、ぜひやってみてください。

熊谷剛:SNSやフェイスブックとかもありますけど、あれも毎日投稿して接触頻度高めたりするんですよね。
それだけでも「じゃあ、今度行ってみようかな」となったりしますから、お金をかからない方法で、告知する方法はたくさんあります。
ぜひ、とりあえず、知ってもらうというのをやってもらうと、そのうち集客できるような状況になると思います。

熊谷剛:このナンバーワンの集客できない理由というのを、念頭に置きながら集客活動に励んでもらうといいかと思いますので、僕も頑張りますので、頑張っていきましょう。

チラシのほかにも、
お金をかけずに院を認知してもらう方法は
色々あると思います。

・近隣の他業種のお店などに
クーポンやニュースレターを作成して置いてもらう

・ブログを書いてみる

・エキテンやホットペッバーなどを利用する

なども一つの方法です。

あなたのお客様が目にしそうな場所にどんどん告知していく。

もし、今あなたが集客に悩んでいるのであれば、
とりあえず、使える手段を全て使って、
院を認知してもらう行動をすると
結果に繋がっていくと思います。

ぜひ、今回の内容も参考にしていただき、
集客方法の一つとして取り入れてみてくださいね。

P.S 疲労回復協会では技術と合わせて集客や経営についても学ぶ事ができます

The following two tabs change content below.
金原美幸

金原美幸

株式会社クワトロハート営業マーケティング部・副編集長。疲労回復協会の全国の協会員600人の窓口として、治療家をサポート。現在は営業マーケティング部の編集者として全国の治療家の先生を取材。治療院、治療家に役立つ情報を発信していくために日々努めている。

シェアしていただけると助かります。